読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れいじのなかのれいじ

神威怜司のbookメモ&思考メモです。

キャバ嬢やオーナーって大変なのね。

最近、ガールズバーやキャバクラに行くことがあって、そのときに思ったことをつらつらと。

 

まず請求される料金を料金としては、キャバクラが1人7000~9000円/時間、ガールズバーが4000円/時間、程度である。私は安い所に行ったからこれぐらいですんでいるのかもしれないが、値段の高さは天上なしであろう。今回は私が行った店程度の値段と仮定してentryを書く。

 

私が行ったお店の場合、キャバクラでは1人の客に対し、1人のお姉さんがついた。ということは、あたり前だが1時間に1人が稼ぎ出す値段は7000~9000円になる。例えば新米の子の場合、時給が正確にはわからないが、2000円程度とすると、7000円の内70%ぐらいは店側に持っていかれる計算になる。店舗側はこの70%分を店舗の維持費、幹部・ボーイの給料、交通費、酒代等にするのだろう。

一方、女の子側はこの2000円がすべて生活費になるのではなく、ドレス代にも消えると言う。しかもドレス代は平均で1着10000円ぐらいらしい。さらにはネイル代も結構かかり、こったものだとこれまた10000円ぐらいするらしい(私についてくれた子は月に1度通っているらしい)。また1日に働く時間は5~8時間ぐらいである。コンビニとかのバイトよりは稼げるが、そこまで多くはない。むしろ私の想像よりは少なかった。そしてドレス代、ネイル代等の化粧代もかかるので大変である。

しかも年齢も制限されてしまうため、死ぬまでキャバクラは続けられない。となると多くは職を変えるしかなくなるのだ。

しかし若いうちに金があった方が体験したいことを若いうちにできるのでいいのか。このときにブランド地獄にはまってしまったら最悪だが...。

 

こう考えるとキャバクラの仕事って、副業でやるならいいが、本職でやると副業ほどのメリットが得られないような気がする。なので学生がキャバ嬢をやるのは、なかなかのおすすめであると私は思う。自分で使えるお金がはるかに増えるだろう。そのお金をうまく自分に投資できれば、人生が豊かになる。

また店舗経営もお会計をした直後は儲かるような気がしたが、様々な経費を考えるとそうでもないなー、と思った。

やはり固定費をもつビジネスはなかなか大変だね。

 

キャバクラはたまに行くのが楽しく、頻繁に行くものではないことを、身を持って体験。