読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れいじのなかのれいじ

神威怜司のbookメモ&思考メモです。

世界中の人の視点をシェアできる時代がやってくる? -【ニュース】グーグルの拡張現実メガネ"Project Glass"

今日のニュース記事になっていた、GoogleのHDM(ヘッドマウントディスプレー)技術である"Project Glass"は衝撃的でした。

デモの動画を見たんですけど、スマートフォンの次はこのようなデバイスになるのでは?とワクワクさせるテクノロジーです。このメガネ(Project Glass)で、メール、通話、ネット、カメラ撮影、スケジュール管理と、なんでもできてしまいます。

 

グーグル、拡張現実メガネ開発を認める--「Project Glass」計画を明らかに

グーグルのHMD技術“Project Glass”が便利そうでヤバイ

 

何よりも「いいなー」と思ったのが、ネットワークに繋げることによって、世界中の人の視点を見れる可能性があること。

これによって、まず日本、そして自分の家に居ながら、世界中の人の視点を借りて、かなりリアルな旅行気分が味わえてしまうと思います。(ただし、視覚情報だけですが...)例えば、ベトナムの景色を見たいと思えば、ベトナムにいる人を検索して、その検索結果から、自分が見たい景色(人の視点)を共有する。それは人の視点から映すわけですから、かなり臨場感が高いのではないかと思います。

このようにして、家に居ながら、世界中のリアル(その時間の景色)な景色を味わうことができる。

 

またスポーツへの応用も可能です。例えば、私が好きなスノーボードだとすると、ボーダーの視点を共有すれば、まるで滑っているような臨場感が手に入れられるはずです。

 

さらにこの技術はエロにも応用可能ではないかと思っており、世界中のセックス中の風景も共有できてしまう可能性がある。これは確実にAVよりも臨場感は高いでしょう。ただし、公開したい人がいるのか?って感じですが、私は自分たちのセックスを公開したいカップルは、そこそこにいると考えます。または、それによるマネタイズも可能ではないかと。

 

ここまでは自分が視点を受信する方でしたが、もちろん自分の視点を発信することも可能です。

自分が今見ている景色、例えば今、綺麗な夕焼けを見ているなら、それを大切な人と物理空間を超えて共有することができる。これもすごくいいなと思いました。

 

ただし、ネットワークを盗聴されるとプライバシーの問題が出てきそうですが、これが実用化される頃には、私たちのネットリテラシーも高くなっていると思うので、問題ないのではないか?と楽観的に考えています。

 

ここまで、私の勝手な妄想でしたが、こういった新たなテクノロジーの発表を見ると、未来へのワクワクが止まらないです。

あー、早くこのメガネが使える日が来てほしい。