読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れいじのなかのれいじ

神威怜司のbookメモ&思考メモです。

センター試験の必要性

センター試験は必要ないもの、だと思っていた。
が、よくよく考えてみると、そんなこともないかも、と思えた。
 
ぼくには昨年末(2016年12月)に娘が生まれたが、娘が高校生になる頃には、センター試験は存在しないだろうな、と考えていた。
現在のセンター試験は記憶力のテストであり、知識はインターネットで検索すればすぐに得られるものだからだ。
人間はテクロノジーによって、広い意味での記憶容量を拡大している。
そのような中でのセンター試験の位置づけがわからなかった。
 
しかし、センター試験には別の側面もあるな、と思った。
 
センター試験では努力の量、勉強の量が図れる。
ただの時間としての量はもちろんであるが、効率的な知識の習得能力も含む。
 
勉強をほとんどしなくても点数を取ってしまう人ももちろんいるが、このような例は特殊なケースであって、
大体の人は、それこそ東大や医学部(国立)に入るような人は、多くの勉強をしているはずだ。
 
世の中には未だに、日々、勉強を継続しなければならない職業がある。例えば医者や官僚、研究者など。
そのような日々の勉強が必要な職業に、勉強が嫌いな人がなっていいはずがない。
医者なんて専門分野によっては人の命も預かるのだから、不勉強であっては困るのだ。
官僚だって、国民の生活にかかわることのなのだから、不勉強であっては困るのだ。
 
このような勉強への取り組む姿勢を、センター試験ではある程度評価できると思う。
 
そのため、もし20年後にも人間による医療や政治、研究開発があるのであれば、センター試験のような大きな試験は、形態は変化するにせよ存在し続けると考える。
 

自分の子供に薦めたい一冊

 

本書は私にとって自分の子供に薦めたい本である。
子供が高校生ぐらいになった時に、本書で問題視されているような問題が解決されていない社会だったら、ぜひ読ませたい。
読んでほしい。

なぜなら、

親のことを考えて、自分の将来の道を決めなくていい、と。
親のことを考えて、自分の将来の可能性を狭めなくていい、と。
自分の無限大の可能性だけを考えて生きてほしい、と。

私は本書から現在、そしてこれから起こるであろう問題を知ることに加え、上記のようなメッセージも受け取れたからである。

本書は生きている私たちには体験することができない「死」を扱っており、そして対象が「肉親の死」であることもあり、読者によって感じることが様々であると思う。

著者の主張に対して、納得であったり、不愉快であったり、非情と思ったり。

何かを感じたことだけで、本書を読んだ価値は十分にあると私は思う。
なんとなく考えないようにしていた「モヤモヤする種」に光や水を与えられたことだけでいい。

著者の主張が正しいとか、間違っているとかは関係ない。

読者がどう思ったか、どう考えるか、が大切なんだと思う。

とにかく多くの人に読んでもらいたい一冊です。

ゲノム編集に関する研究の現状を学び、思考の種を与えてくれる一冊

 

ゲノム編集に関する研究の現状をまとめた一冊。
ゲノム編集が非常に進んでいること、その可能性の大きさを知っていくのは大変に面白く、一気に読んでしまった。
帯にもあるように応用分野は人間の不老長寿にも及ぶため、読みながらいろいろと考えさせられる面が多かった。

人類の寿命を伸ばすこと。
現在において不治の病と言われている病を治せる病とすること。

こういったことは、一見、聞こえがいいが、果たして本当にいいことなのだろうか?
自分自身、あるいは自分の大切な人で考えた場合は、いいことになるだろう。だって、自分自身(あるいは大切な人)が長生きして、元気にすごせるのだから。
しかし、人類全体、地球全体で考えると、必ずしもいいことではないと思う。今でも生態系のバランスは適切とは言えないのに、それに拍車をかけて、生態系、社会形態のバランスが更に崩れ、その結果、どのようになってしまうのかがまるで想像がつかない。

また「生きる」だけでは恐らく人間は満足できないはずで、「生きる」ことが当然となれば、より上の欲求が出てくる。その欲求を満たせないと、結局は真に「生きている」ことには繋がらなくなるだろう。

ゲノム編集の研究の進展と共に、その他の分野も追いつくように伸びていかないと、複数のひずみが生まれていくだろう。
だが、その「ひずみ」はこれまでにも多くあったはずで、多くのひずみを人類は解消してきて、今まで存在している。
なので、これからも問題はないだろう、と楽観視もできる。

著者はあとがきに、以下のことを記述している。
「従うべき何かを見出す前に(神のごとき)「全能の技術」を手に入れてしまった私たち人類は、これから、どう進むべき道を決めていけばいいのか?今の筆者に、その答えは思い浮かばない。あなたにはわかるだろうか?少なくとも、それを考える手がかりに本書がなり得たと願って、その筆を置きたい。」(p.247抜粋)

私にとっては大変に考えさせられる一冊になった。
多くの読者にとっても、考えさせられる一冊になるのではないだろうか。

すっと読めて、楽になれるかも?? -【書籍】幸福になる「脳の使い方」 茂木 健一郎

本屋でぱらぱら立ち読みしたら、「よし、買おう」と思い、そく読了。

非常に読みやすい文章ですいすい読める。

幸せは心のもちよう、考え方で変わる。

言い換えれば、幸せな考え方をすれば、幸せになれるということ。

これがなかなか難しいのですが。。。

本書では筆者が幸福とは思えなかった思春期の頃から幸福な考え方になるまでの、経緯を紹介。

さらには大学生当時の自分の考え方まで暴露。

今、著者自身が主張していることと反対のことを考えていたんだなと、感じた。大学生時代に自分が思っていたことだったから、今の学生には自分と同じようなことは思ってほしくない、と思う心からの主張だったんだと思えた。

以下、抜粋。

P.153

1年後、2年後の幸せのために、今を犠牲にして人生を楽しまないのは本末転倒です。将来の幸せとは、「今が幸せだ」と思うことの積み重ねです。本来は常に現在の延長線上にあるのですから。

全くこの通りだと思う。金融ではないけれど、「今日の金は明日の金より価値がある」でなく、幸せにおいては「今日の幸せは明日の幸せより価値がある」と言えるのではないだろうか。なぜなら明日はくるかどうかわからないのだから。

P.163

「そもそも初めから、理想の自分など持たない方がいいのだろうか」という考えも出てきます。しかし、そうではありません。問題なのは、その理想の自分と現在の自分を比較して、今の自分には価値がないと否定しまうことです。理想を持つことは決して悪いことではありません。

理想(ゴール)を持つことの必要性を表している。

P.169

夢や希望を持つということは、「未来にはきっとよいことがある」と信じ、将来に備えて一生懸命働いたり勉強したりすることです。けれでもその夢や希望を叶えるために、現在の楽しみのすべてを犠牲にしたり、ストイックに現在の自分を否定することは間違っています。未来を夢見ながらも、現在の自分を肯定して楽しむことが、幸せな生き方に繋がるのですから。

P.153の抜粋部分の言い換え。文章が変わるだけで、受け取る印象が違う。

すっと読みやすく、気持ちが楽になる言葉も多いので、興味ある方はぜひ。

自分の限界は、自分のマインドで決まる。 -【書籍】「ムダな努力をやめなさい」 成毛 眞

成毛眞さんの新刊「このムダな努力をやめなさい」読了。

 

成毛さんの物言いは好きなので、ついつい新刊がでると購入してしまいます。そして本書も成毛節が全開。成毛節にやられそうになりながらも、楽しく読ませて頂きました。

 

私がこの本から読みとった内容は、「自分の好きなことをとことんのばす」、そしてその時間を作るために、仕事にムダな努力を費やさない。ということです。

ここで自分の好きなことと、仕事がイコールの場合は何も問題なく、仕事(自分の好きなこと)をとことん追求すればいいのですが、多くの人はそうではないということで、そういう多くの人たち(私も含め)へのアドバイス。

 

自分の好きなことをとことん追求し、それに磨きをかける。それが自分の強みになる。

私の場合はその「自分の好きなこと」ということが、よくわかっていないので、ぼんやりと思う好きなことに手を付けていこうと思いました。(アニメ、マンガ、映画、音楽など...)

 

そして本書の中でもっとも重要だと感じた文章を引用。

 

「「上から目線」でものを見るのは嫌われる行為のベスト3に入りそうだが、私は昔から上から目線でものを見てきた。なぜなら、自分が世の中で一番優秀だと思っていなければ、仕事はうまくいかないと考えているからである。

自信は自然とうまれるものではなく、自らつくり上げるものだ。仕事で成果を出したら自信がつくのではなく、根拠はなくても自分は成し遂げられると信じ込んで行動をすれば成果が伴ってくる。」

 

自分の価値を高めるために非常に重要な考え方。自分の限界は自分のマインドで決まる。

自分自身の人生を振り返ってみると、できると思って挑戦したことは、なんだかんだ達成できていると感じる。

みなさんも一度、自分の達成したことを振り返ってみてはいかがだろうか?案外、自分のマインドが達成に大きく寄与している、と思えるのではないだろうか。

 

私自身も、もっと自分に根拠のない期待をして、大きなことを考えていきたいと思う。

 

 

自分の理想、評価は高く、そして自由にもっていい

 

 

苫米地博士の新刊。

今、自分が悩んでいることに対し、1時間ほどのコーチングをして頂きました。本を読んでいるとたまにこういうことがあるから、本を読むことは面白く、やめられない。

 

本書で定義する「金持ち」は非常にシンプルで、「支出が収入を上回らないこと」としています。シンプルでありながら、まさに本質をついている言葉。

多くの人は、月に15~20万円を稼ぐ能力をもっている。稼ぎ方は正社員でもバイトでも、なんでもいい。本来であれば、そしてこれぐらいの収入があれば金銭的にはそこそこに満足した暮らしができてしまう。ここに仲間や恋人、家族がいればより満足度は高いと考える。

しかしながら、ぼくらは洋服にはデザインや質感、ブランドを求めたいし、おいしく豪華な食事をしたいし、広い家にも住みたい。そしてこれらを求めようと思うと、多くのお金が必要になる。でも、「機能」だけで考えれば、多くのお金は必要としなくなる。それこそ月20万円程度あれば満足できてしまう。この「機能」に満足できるか、できないかは、心の持ち方によってかわってくる。著者が多くの著書で述べているように、本当に重要なことは外にではなく、内(マインド)にある。そして素晴らしいことに人間はこの「マインド」を自分でコントロールすることができるのだ。この本を読んで、マインドのコントロールの重要性が自分の中で、やっと腑に落ちた気がする。

 

こういう風に思えた印象的な本書の言葉はこちら

「満足は、目で見なければできないものではなく、心でするものなのである。」

うーん、いい言葉ですね。

 

そして心を満足させるのに最も簡単なのが、人の役に立つことである。人は他人から「ありがとう」、「助かったよ」といった言葉や、人から承認されることで非常に満足できる。少なくともぼくはできてしまう。この人に役に立つことを仕事と結びつけてしまえば、生きているほとんどの時間を満足感で満たされながらすごすことができてしまうのだ。そしてその仕事がやりたいことなら、なおさら満足である。

 

今は「やりたい仕事」といった、理想を求めることはいいように見られないこともあるが、理想を求めていいのである。自分の理想を限りなく追及し、理想を実現できると思い、実際に実現していくことが、満足感を得ることにつながる。

自分の理想、評価は高く、そして自由に持っていい。

本書はこんなことを思えるように背中を押してくれた。そして今いる自分の状況は悪くないと思え、光がさした。

 

ぜひ興味がでましたら、ご一読を。

「わからない」=「わかる」 -【本】「わからない」という方法 橋本 治

「わからない」ことが「恥」だった二十世紀は過ぎ去った!

この1文に惹かれて本書を購入、一気読み。

 

まえがきから、今まで考えたこともなかった考えに遭遇した。

 

P.9

「わからない」の全体像をまとめる方法が1つだけある。それは、「自分はどのようにわからないのだろうか?」と考えることである。

全体像が見えないのは、それをまとめる”方向”が「わからない」からである。”方向”が1つにならず、あちこちに散乱している。だから、「1つの全体像」にはならない。つまり、その散乱する”方向”を1つにしてしまえば、これはまとまりうるのである。

 

この考え、目からウロコだった。私は「わからなけばまとめられない」と思い込んでいたからだ。「わからない」なら、わからないなりに、”方向”を定めて、まとめてしまえばいいのだ。そしてその方向を定めたら、とりあえず書いてしまう。

立派な文章を書こうとせず、どんな駄文でもいいから、とにかく書いてしまうのだ。その時点でのまとめを作ってしまう。

まずは質よりも「量」。量を書くことで、質も磨かれていく。私はそう信じているが、ついついいい文章を書こう、と思って悩んでしまう。

だが、そもそも「いい文章」というものは、自分で決めるものではなく、読み手が決めるものであるので、自分ではコントロールできないもの。だったら、多くの文章を書いた方がいいのでは?、と最近、思い始めてきたところだ。

 

「へん」と「へんじゃない」。これらを決めるのは多数決である。多い方が「へんじゃない」、少ない方は「へん」である。そのため、「へん」が毎回、少数派になるのは必然であると、著者はいう。なので、「へん」、「へんじゃない」というのは、所属するグループや、時代、年代によって変わる。

たとえば、80代ぐらいの人にとっては、「家柄」というのを大切に考えるのが「へんじゃない」。しかし、20代ぐらいの人にとっては、家柄を考えて人とつき合うのは、「へん」になる。

このように同じ時代に生きている人間の中にも、「へん」、「へんじゃない」というのは、あべこべの関係にあるのだ。なので、「へん」、「へんじゃない」というようなことを、異常に気にしすぎることはないのだ。なにも気にすることはない。

だったら、その考えに至っている理由を考えた方が、有意義な気もする。

 

著者は教育についてもおもしろいことを言う。

 

P.130

「学ぶ」とは、教える側の持つ「生き方」の強制なのである。「その生き方がいやだ」と思われてしまったら、その教育は崩壊する。ただそれだけのことである。

 

なるほどな、と思った。教育とは「生き方」か。今後、自分が教育をしていく上で、非常に参考になる。拒絶されたら、その”教育=生き方”ははやらないということなのだから、教える方法を変えなければならない。いい指標になる。

そして、大学生や高校生、中学生と話すことは、「生き方」を敏感に感じ取るために必要なことなのかもしれない。

 

日本人は英語に弱い、と言われるが、昔から漢文は読んでいたわけで、外国語にはそもそも抵抗はないはずだ。さらには、外国語を自国の言葉の中に取り込んでしまう柔軟性を持っている。

日本人は言語のアレンジ力に優れているのである。これはとても誇れることではないか、と私は思う。

なので、「英語に弱い」という洗脳をずっと引きずっていて、英語に手を出さないだけである。手を出してしまえば、すぐに習得できるのだ。まあ、学習方法も変えなければならないのは、事実としてあるが。

 

そもそも「わからない」ということは、ほとんど「わかる」と等価であると私は思い始めた。なぜなら「わからない」ことを、わかっているからだ。そもそも知らないこと、認識できないことには「わからない」という気持ちすらできていない。

「わからない」ということは恥ではない。もはやわかっているのだ。

いかに「わからない」ことを増やすか。大量の「わからない」ことを知っていることは、「わかっている」知識人と、ほとんど差がないのではないだろうか。

そしてその「わからないこと」と「わからないこと」を自分なりのオリジナルで、自分勝手につなげてしまえばいいのだ。